きちみ製麺

白石温麺(しろいしうーめん),うどん,そば,お取り寄せ
宮城・白石にて通信販売|きちみ製麺


結束・紙巻・麺取り工程

結束・紙巻・麺取り工程

 今回は3人体制で作業をしている「結束・紙巻・麺取り工程」を説明します。

 結束は前工程で自動切断された麺を自動計量機に入れます。200gに軽量された18cmの温麺を両端2ヶ所で束ねます。

 麺の種類や届け先によって巻紙の種類を確認し、機械にセットします(巻紙の種類は数十種類もあるんです!)。1枚1枚紙を吸い上げ1束ずつ自動で巻かれます。

 次にコンベアに麺が流れてくるので、正確にきれいに巻かれてあるか、不良品はないか1つ1つ自分達の目で確認しながらカゴに並べ次の工程へ渡します。ここが麺取りという作業になります。立ち仕事で1日中機械に付いているので、地味で大変な仕事です。また、機械の調子によって体の疲れが倍増する時もあります。でもお客様の顔を思い浮かべながら皆様に美味しい温麺を食べて頂けるよう心を込めて丁寧にお造りしております。

 時間がおありでしたら是非見学にお越しください。お待ちしております。

2010年6月  【結束・紙巻・麺取り工程担当 三浦,島貫(と)】

工場便り